徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、株式投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

新型コロナウイルス騒動の良い面と悪い面

f:id:k_julia:20210103184451p:plain

 

たくさんの種類がある風邪ウイルスの一種である、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)が2020年の1〜2月ごろから騒がれ始めました。

最初は中国の武漢でウイルスが検出されましたが、騒ぎは限定的でした。

その後、3月には欧米などで死者が急増して世界的な流行(パンデミック)となりました。

 

欧米などでは死者数が多いので、大きな騒動になることや、一時的にはある程度の社会的な制限もやむを得ない部分もあります。

それに比べて、日本では死者数がインフルエンザ*1と同じくらいです。

ちなみに、インフルエンザの死者数は2019年の年間で3,571人(朝日新聞*2

超過死亡を含めると年間1万人と推定されています(厚生労働省)。*3

 

致死率も低いので、あまり気にするほどではありません。

医療崩壊というのが日本で起こった場合、国民の行動のせいではなく医療の仕組みの問題です。

 

しかし、マスコミなどがウイルスの恐怖を過度に煽り、そこに、正義面をしたい政治家などが便乗して騒動になりました

4月には世論に押される形で日本政府が緊急事態宣言をして、一時的ではあるものの日本経済が非常に大きく冷え込みました。

 

人間はいつか死ぬし、それ自体に良いこと・悪いことというのはなく、自然なことです(もちろん、人の死を悲しむのも自然なことです)。

高齢だったり大きな疾患があると、結果として風邪で亡くなることもあります。

いつもそうだし誰だってそうなる可能性はあるので、特別なことではありません。

 

よって、個人的には今回の騒動そのものは良いとは思いませんが、結果には良い面も多いことも事実であり、悪い面と合わせてそれぞれいくつか書いてみようと思います。

 

良い面

  • 非対面取引の需要が増えたり、業務フローが見直されて、社会のデジタル化が促進される
  • 混雑を避けるための取り組みがきっかけとなり、働き方が多様化する
  • 混雑を避けるために飲食店の座席が減り、ゆったり外食ができる。しかも、Go To Eat キャンペーンでお得に
  • 手洗い・うがいなどの衛生習慣が定着する
  • 金融緩和の強化と長期化で、中長期的に株価などの資産価格が上昇しやすい。企業の資金調達も容易になる

 

悪い面

  • 感染が発生しやすいと騒がれた業種の経営悪化・賃金低下・失業者増加
  • 緊急事態宣言などによる景気の急激な落ち込み・消費マインド低下
  • 感染症予防を口実に行政が規制や行動制限をすることで、国民の自由や権利が侵害される
  • マスクなどが値上がりしたり、以前から使っていた質の良い製品が品薄になって、買いにくくなる

 

こうしてみると、結果の二極化を進める騒動なのかなと思います。

社会の分断や格差の拡大につながりそうですね。

 

ただ、分断が起こるのも、格差が存在するのも自然なことです。

問題は貧困や機会の不平等ですが、それも今後はテクノロジーの進歩で少なくなっていくかもしれません。

現に、無料や少額で学べる機会や楽しめる娯楽も、昔よりずっとたくさんあります。

 

受ける影響は人それぞれだし、私も良い面と悪い面それぞれの影響を受けました。

もうしばらく騒動が続くのであれば、なるべく良い面を見て、上手く・楽しく利用できればと思います。

*1:インフルエンザは風邪とは別の病気とされることもあります

*2:国内コロナ死者、3500人超える 増加のペース速まる (朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASP1263JCP12ULBJ003.html

*3:新型インフルエンザに関するQ&A (厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

私がデザインを制作したゲームアプリ『ポップリンク(POPLINKS)』の紹介

f:id:k_julia:20200703225648p:plain

『ポップリンク』のプロモーション画像

 

夫・徳田隆が企画とプログラミング、私・徳田あおいがデザインを制作したゲームアプリ、『ポップリンク(POPLINKS)』をリリースしました!

 

ゲームの特長

『ポップリンク』は、数字をつなげるパズルゲームです。
「数字をどれだけつなげるか」も「いつ消すか」も、自分で決めることができる、自由度の高いゲームです。
時間を気にせず、マイペースに考えながら、じっくりと遊ぶことができます

 

2015年にリリースして人気を博した『PutNumber』、2017年リリースの『ナンプラス』の好評だったところも活かしながら、

今作は、

  • さらに面白い・気持ちいい(数字をつなげて長いリンクを作るのが面白い)
  • タッチのみだから、操作しやすい
  • シンプルだけど自由度が高いパズル
  • 明るくて華やか(グラフィックもアニメーションも)

になっています。

 

なんといっても、今作の特長は数字をつなげるリンクです。

数字をつないだ数=リンクは、大きい(長い)ほど高い得点になります。
上がってくるブロックがボードを超えないように気をつけて、大きなリンクを作りましょう。

なお、10リンク以上を作れたときは、シェアまたは保存することができます。

 

たくさん遊ぶほどに慣れて、上手くなっていくので、何度も繰り返し遊んでみてください!

 

動画


脳トレや頭の体操に、数字をつなげるパズルゲーム『ポップリンク(POPLINKS)』

YouTubeの動画をご覧ください。 

 

遊び方

f:id:k_julia:20200703145254p:plain

『ポップリンク』の遊び方

 

ボードに数字ブロックが上がってくるので、ブロックをタッチしてみましょう。

 

「ブロックに書いてある数字以上つながっているとき」にタッチすると

ブロックが消えます


「それ以外のとき」にタッチすると

ブロックの数字が1つ小さくなります

 

タッチするだけの簡単な操作なので、幅広い世代の方に楽しんでいただけると思います。

 

グラフィックデザインとテーマ

『ポップリンク』は明るい気分で気軽に遊べるようにと、全体的にポップで明るい配色にして、説明などは短めに、文字はなるべく大きめにしています。

 

標準のテーマ「ポップ」のブロックはまさに『PutNumber』と『ナンプラス』の間くらいのデザインですが、プラスチックっぽくすることでおもちゃのような親しみやすさを表現しました。

背景は悩んだのですが、散歩をしていたらふと目に止まった近所の家の壁からヒントを得ることができて、こんなふうに乱張りっぽくなりました。

もちろん、見た壁はこんなにカラフルじゃないけどね。笑

 

テーマは標準のもの以外に、この記事を書いている時点では「ダーク」と「和風」があります。

詳細は、ぜひ遊んで確認してみてください。

「和風」テーマは、下記のフォント・テクスチャの素材を利用させていただきました。

 

フォント

【フリーフォント版あり】しょかきうたげ【商用可】

 

テクスチャ

フリーテクスチャ素材館

Paper-co

 

音楽と効果音

音楽と効果音は、今回もMATSUさん(MA2 Sound)に作曲していただきました。

ゲームに合った明るい気分になれる曲と効果音で、ゲームに新たな彩りが加わりました。

10リンク以上を決めてコインがもらえるときの一連の音も、とても気持ちいいです。

 

『ポップリンク』は、App StoreGoogle Playで配信中

ポップリンク

ポップリンク

  • TAKASHI TOKUDA
  • ゲーム
  • 無料

 

play.google.com

 

とても楽しいゲームなので、ぜひ遊んでみてください!

 

米国株の個別銘柄ポートフォリオ(2020年5月)

2020年の3月から、株式市場は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界的流行をきっかけとした弱気相場に入りました。

 

日本は感染者も死者も他の病気より少ないのに大袈裟に騒ぎすぎでしたが、アメリカでは死者が10万人を超えて毎年のインフルエンザ*1を超えるほどになりました。

そのため、アメリカに関しては、ある程度の経済活動の一時停止は仕方なかったのかなと思います。

それでもいつまでも止めておくわけにはいかないので、徐々に再開してきているようです。

 

今回の件で、米国株はかつてない速さでの急落して、3月には取引所でサーキットブレーカーも発動しました。

29,000ドルを超えていたNYダウ平均株価は、一時的に19,000ドルを割り込むという暴落。

いろんな銘柄があっという間に割安*2になり、いわゆる買い場になったので、私は回数を分けて少しずつ買い増しをしました。

その他、新しく購入した銘柄や、売却した銘柄もあります。

 

なお、NYダウ平均株価は5月には25,000まで上昇するなど、最近は急激に回復してきています。

ハイテク株が多くて今回の影響が少ないナスダック指数に至っては、以前の水準に近いところまでV字回復です。

 

f:id:k_julia:20200530230002p:plain

2020年5月まで半年間のダウ平均・S&P500・ナスダックの比較チャート

株価チャート引用元: Yahoo!ファイナンス

チャートを見ると好調な方からナスダック<IXIC>、S&P500<GSPC>、NYダウ<DJI>の順になっています。

 

4つの銘柄を買い増し

上記4銘柄の買い増しをしました。

株数の推移は、2019年10月→2020年5月です。

 

 

アクティビジョン・ブリザード<ATVI.O>とマスターカード<MA.N>を新規購入

 

アクティビジョン・ブリザード Activision Blizzard

アクティビジョン・ブリザードは世界最大手級のゲームソフトメーカーで、「Call of Duty」「Crash Bandicoot」「Diablo」「Overwatch」などが特に人気作です。

2015年にモバイルゲームメーカーのKingを買収しています(「Candy Crush」など)。

 

今後もビデオゲーム市場は中長期的に世界的な成長が見込めそうです。

また、新型コロナウイルスによる不況時でも需要が減りそうにありません。

 

マスターカード MasterCard

マスターカードは、クレジットカードの国際ブランドです。

ビザ<V.N>と同じで決済技術のみ提供していて、カードの発行はしていないので、営業利益率が高くなっています。

 

新型コロナウイルスで旅行や百貨店での消費の減少の影響は大きいでしょうが、クレジットカードなどのキャッシュレス化の追い風にもなると思います。

カードやApple Payなどでのコンタクトレス(非接触)決済でも伸びていくことでしょう。

 

 

ネクステラ・エナジー<NEE.N>を売却

ネクステラ・エナジーは3月の急落時でも含み益があったので、余力を増やすために利益確定の売却をしました。

 

 

保有銘柄の一覧

 

f:id:k_julia:20200530230617j:plain

2020年5月の米国株の個別銘柄ポートフォリオ

 

CMEグループはマイクロソフトを買い増しするために一旦売却したけど(少額の利益確定)、以前の買値より1割下がった株価で買い戻しをしました。

 

これからも、インデックスに連動するETF投資信託と合わせて、成長性と守りのバランスが取れた運用を心がけようと思います。

*1:CDC=アメリカ疾病予防管理センターによると、2017-2018シーズンのアメリカのインフルエンザによる死者は61,000人

*2:中長期的視点および本質的価値との比較