徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

国宝 犬山城

国道21号を各務原美濃加茂方面にドライブしていたらナビで目についたので、犬山城に行ってきたよ。
犬山は名鉄で乗り換えに使うけど、犬山駅犬山遊園駅から降りたことはないので、犬山市に行くというのは初めてと言っていいかも。



大きな地図で見る


犬山城は、1537年(天文6年)織田信長の叔父である織田与次郎信康により造られた。
江戸時代に尾張藩の付家老の成瀬隼人正正成が城主になり、それから近年まで成瀬家が城主として代々所有。
2004年(平成16年)からは、財団法人「犬山城白帝文庫」の所有になっている。


国宝に指定されたのは1935年(昭和10年)のこと。
1952年(昭和27年)に規則改正された際にも、あらためて指定されている。


お城の駐車場には愛知県犬山市の公式キャラクター「わん丸くん」の自販機が。


入場は16時30分まで、開門は17時まで。
早速入ってみると…外から見た感じ、あまり大きくないかな。でも、立派できれい。
天守閣の部分がちょっと顔のように見える。笑


中は鎧や瓦などが飾ってある。外見よりけっこう広い。
もちろん修理などはされているのだろうけど、造りや木の質感など全体的に昔の雰囲気のままという感じ。
階段はかなり急でした。手すりを使って慎重に昇り降りしないと危ない。
あと、床に隙間があって、そこから下の階がちょっと見えたりとか……。
狙ってうぐいす張りにしてあるのかどうかはわからないけど、音がする床もあった。


天守閣からの眺めがとても良かった。木曽川濃尾平野が見渡せる。
ただ、欄干が低いので怖い……。人が通ると、ちょっと揺れてるし><


犬山城彦根城・姫路城・松本城の国宝4城の中で最も古いということもあり、かなり趣があって、行って良かったと思いました。
久々に日本の歴史を楽しんだひとときでした。