読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

株式投資と投資信託、はじめました

今年の夏に、イオンカードセレクトっていうクレジットカードを作って、そのときにイオン銀行の口座を開設*1しました。

そこで投資信託を試しに始めてみたら面白かったので、株式投資現物取引)も始めました。

 

証券会社

株式投資をするためには、銀行とは別に証券会社の口座を開設することが必要です。

私は、マネックス証券松井証券で開設しました。

 

マネックス証券

米国株の取り扱いが豊富。

初心者にも分かりやすく教えてくれるコンテンツが充実しています。

 

松井証券

1日の約定合計金額が10万円以下なら、なんと手数料無料。

単元株価格10万円以下の国内株の取引に使っています。

 

初めて買った株

米国株は今のところGoogle(Alphabet Inc.)のみ持っています。

Googleさんは私たちのビジネスパートナー。

六本木ヒルズの東京オフィスに訪問したこともあるので、最も身近に感じる会社です。

なので、迷いはありませんでした。

 

国内株で最初に買ったのは、日本一ソフトウェアさん。

地元・岐阜県のゲーム制作会社です。

しかも、お隣の各務原市ということで興味を持ちました。

 

他にも、情報通信業、機械、卸売業などを少しずつ、調子の上がりそうなところを買っています。

2つ利益確定で売って、なお少し含み益がある状態なので、恵まれたスタートかな。

今後は株式投資に加えて、投資信託を少し増やして、株で買いにくい分野を買おうかなって思っています。

 

他の投資も多分そうだと思いますが、資産の一部でじっくりやる分には楽しいですね。

しばらく使う予定のないお金を使って買えば、いったん株価が下がっても上がるまで待つのがそんなに難しくありません。

欲張らなければ、これからも少しずつ利益を出していけそう。

 

投資は少額からできるし、楽しみも増える

投資は、お金をたくさん持っていないとできないというわけではありません。

例えば株価80円で単元株数100なら、単元株価格は8,000円*2

あるいは、単元未満株(1株〜)で買うという手もあります。

投資信託は10,000円から買えるし、積立ならもっと少額から買うことができます。

  

私は、投資を始めてから、経済のニュースも昔より興味深く見ることができるようになりました。 

株主優待がある銘柄もあるし、思った以上に楽しみが増えてうれしいです♪

 

図解 知識ゼロからはじめる 株の入門書

図解 知識ゼロからはじめる 株の入門書

 

 

 

*1:イオンカードセレクトは必ずイオン銀行から引き落とし

*2:一部ですが、このくらい安く買える株もあります