読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

iPhone 6 Plusを購入

5.5インチ・1920 x 1080ピクセル*1の大きな画面や指紋認証Touch IDなどを魅力に感じてiPhone 6 Plus(ゴールド・64GBモデル)を買いました。

3年間使ったiPhone 4Sからの買い替えです。

 

f:id:k_julia:20141031111118j:plain

f:id:k_julia:20141031142339j:plain

 

大きな画面

画面が大きいと少し離れても見やすいから目の負担を軽減できるし、画面解像度が大きいと表示できる情報量も増えます。大きいだけじゃなく発色もきれいで、iPhone 4Sと比べるととても鮮やか。

ただ、それに伴ってiPhone自体のサイズも大きくなっているので、ケースをつけて持ちやすく安全にしたほうが良さそうです。なので、早速Apple Storeで純正のシリコーンケースを注文しました。

 

TouchID

これまでは面倒でロック画面のパスコードを設定していなかったのですが、TouchIDなら指紋をホームボタンに当てればすぐにロック解除できるので楽にセキュリティーを保てます。

もちろん、複数の指紋を登録可能。

パスワード入力が求められるところでも、代わりにTouchIDが使えたりして便利です。

 

 

他にもカメラの光学式手ぶれ補正、大容量バッテリー、側面に丸みのあるフォルムで手に馴染む……などなど。

いろんなところが進歩していますが、iPhoneらしい使いやすさはそのままです。

 

 

iPhone 4Sは3.5インチの画面が小さく感じることと、音量ボタンが壊れててよく勝手に音量最大になる、しかもその表示が被さってきてうっとうしいというのが問題でした。

もちろん、それらはiPhone 6 Plusで解決したし、満足しています。

 

あと、iOSアプリのデザイナーとしては、新しい端末で実機テストできるのもうれしいところですね。

DropNumber』などリリース済みのアプリも問題なく動作することが確認できて良かったです。

 

 

 

ただ、最初は復元で問題が起きて大変でした。

アクティベーションは問題なくできたのですが、iPhone 4Sから移行しようとバックアップをして復元しようとしたら、「iPhone 6 PlusにiTunesへの接続を促す画面が出て操作できない→iTunesに接続してもエラーで復元できない」というのを繰り返して困りました。

しかし、DFUモードというのを使ったら復元できました。

一時はどうなることかと思ったけど、問題なく動作するようになったし、アプリやデータの移行もちゃんとできて一安心。

 

これからじっくり楽しんでいこうと思います!

 

DFUモードについての参考記事

iPhoneやiPadの調子が悪いときは、DFUモードを試してみましょう|Mac - 週アスPLUS

iPhone/iPadがiTunesで復元できない時の15の解決方法 - スマホステーション ブログ - スマホの液晶画面割れ修理スマホステーション ブログ – スマホの液晶画面割れ修理

ソフトバンクiPhone5(iOS7.1)をリカバリモードとDFUモードで復元してみた: 何の変哲もない福岡生活…

*1:2208 x 1242サイズを縮小表示