徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、株式投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

FIFAワールドカップ・ドイツ大会8



☆★☆イタリア、ワールドカップ優勝!☆★☆


『イタリア 1-1 フランス』
    (5 PK 3)
チーム一丸となって戦ったアズーリが、世界一になった。
前半早々にジダンにPKを決められるも、ピルロの精度の高いCKから高身長マテラッツィが同点ゴール。
後半は、押される展開が続いたけれど、みんなが集中して、よく守った。
特に、キャプテンのファビオ・カンナバーロ、最優秀ゴールキーパーブッフォン
この二人が守りの要。ネスタは怪我でずっと出られなかったけど、やはり守備は最強だね。
7試合で2失点。しかも、オウンゴールとPKだけなのだから。


両者譲らず入った延長戦では、後半5分にフランスのジダンマテラッツィに頭突きをかまし、一発退場。
ジダンは、今大会限りでの現役引退を表明していた。最後の試合で、醜態をさらすことに。
頭突きは前にも何度もやっていたようだし、本性を見せてしまったのかな?
暴力行為は最悪の行為。ジダンは、自らの最後を、自らの手で(頭で?)汚してしまった。


そのままPK戦に突入し、イタリアが全員決めるなか、フランスはトレゼゲが外す。
そして、イタリアは勝負強いグロッソが最後に決めて、見事な勝利。
フランスも強かったけど、イタリアはそれを上回ったのだ。
みんなが走り出し、歓喜の輪ができた。本当に、みんな仲が良さそう。
表彰式のときは、トッティがイタリア国旗をかぶっていたのが面白かった。笑。
セリエA八百長問題とか、ペソットの自殺未遂とか、そういう辛いことをも力に変えてつかんだ、
6大会ぶり4度目の優勝。本当に、おめでとう! そして、ありがとう!
ちなみに、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)はアンドレア・ピルロ
予想通りの苦しい試合になったけど、いい仕事したものね。



イタリアのトッティ「もっと家族のために時間を割きたい」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060710/20060710-00000013-spnavi-spo.html


トッティは、「90%代表を引退する」と言っていたけど、どうするんだろう。
ワールドカップは、今回が最後になるだろうけど、EURO2008はどうするのかな。
決勝戦は、きついマークで思うようなプレーはできなかったけど、
ちゃんと怪我から復帰して、よく頑張ったよ。
クリスティアンくんにも、優勝するところを見せられて良かったね。


イタリア、世界王者の採点表
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060710/20060710-00000019-spnavi-spo.html


私も、MVPはファビオ・カンナバーロがふさわしいと思う。
リッピ采配も忘れちゃダメだよね。接戦が続いた中、彼の選手起用はことごとく当たったよ。

広告を非表示にする