徳田あおい blog

ゲームアプリ事業を中心にデザインやイラストの制作、投資、日頃のことなどを書いています。

MENU

 

 

 

FIFAワールドカップ・ドイツ大会3

『イタリア 1-1 アメリカ』
なんと、両チーム合わせて3人が退場に。今大会は、カードが乱れ飛ぶ試合が多いね。
イタリアはデ・ロッシが肘打ちで一発退場になったので、守備の強化にガットゥーゾを入れたため、
トッティが前半途中で交代。ああ、残念…。デ・ロッシの、ああいう酷いのは、ひさびさに見た。
トッティは、短髪も、これはこれで格好いいけど、やっぱり髪が長いほうがいいね。
実況に、デ・ロッシと間違えられるし。笑。
次のチェコは強い相手だけど、どうしても勝ちたい。負けたら、一次リーグ敗退もありうる…。


『日本 0-0 クロアチア
オーストラリア戦同様、川口能活が頑張った。PKも止めたしね。
中田英寿も、気合が入っていた。みんな、この前より気持ちが入っていたんじゃないかな。
ただ、柳沢敦は絶好のシュートチャンスで、とんでもないミスをするし、
次こそはスターティングメンバーから外してほしい。
そして、巻誠一郎に出番を与えては、どうだろう。


『アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ
観客席で応援しているマラドーナが、おもしろすぎ。
途中出場の若い二人(テベスとメッシ)もゴールを決めて、圧勝。
アルゼンチンの将来は明るそう。そして、やはりこの国は優勝候補の一つだね。
セルビア・モンテネグロは、最初で最後のワールドカップ(国が、またも分裂するため)、
一次リーグ敗退。入ったグループが悪かったね。